【YOUTUBE テクニカルお救け動画VOL.3】HP Latexプリンター色ブレしたときにどうする?HP Latexインクの実力!

YOUTUBE動画をアップ致しました!

今回は、”HP Latexプリンター第三世代インク編”です!
でなにの?テクニカル動画といいますと、色ブレをした場合の対応とHP Latexインクの
実力の説明動画です。

■HP Latexプリンターって色ブレが酷いんでしょう?
➀色ブレをした場合の対応
私が、HPの営業時代から疑問を持たれているのが、HP Latexインクの発色の色ブレです。
色ブレをするのは
HPのプリンターだけではないです。
大型プリンターユーザーなら一度は経験したことがあるかと思います。
なんとHP LatexプリンターのHP Latex365以上の上位機種には、その分光測色機i1が
標準装備されています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images-3.jpg
分光測色機i1

ご存じなかった皆様も多いのではないでしょうか?

HP のLatexプリンターのHP Latex365以上の上位機種には導入時の色に戻す
機能が搭載されています。

■HP Latexインクは水性だからすぐに変色するんでしょう?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%96%BD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B.png
あらゆるところに施工されています!

➁大きな誤解です。HP Latexインクの実力 誤解されている部分がたくさんあります。
今、屋外サイン製作には、大型の溶剤プリンターが主流ですが、溶剤インクに引けを
取らない機能が搭載されています。
HP Latexインクの5大特徴
➀速乾→乾燥がいりません。印刷が終わり次第後加工ができます。
➁擦過性→擦れや摩擦にインクが強いです。
➂簡単操作→プリンターもタッチパネル、ヘッド交換などのメンテナンスも簡単です。
➃無臭安全→インクが無臭です。印刷物からもにおいがしません。プリンターオペレーター
にも安心安全です。
➄素材対応→屋外サインで中心の塩ビから、最近SDG’sで注目されている環境対応の
YUPOまで幅広くプリントできます。
インクの耐候性ですが、ラミネートなしで屋外掲示で3年、ラミネート付きで屋外6年です。
(掲示場所条件、印刷素材によりデータが異なります)

この2つの特徴を、日本HPのスペシャリスト霄(おおぞら)さんにご指導を頂きました。

■まとめ HP Latexプリンターはこんなお客様におススメです。
・プリンターの使用環境を見直したい
・短納期の仕事が多い
・これからプリンターを始める会社から、溶剤やUVプリンターを複数台数まで使いこなしている
 ベテランの会社までご使用いただけます。

どうか最後までご覧ください。
当社は、プリンター販売は勿論、買っていただいたプリンターのサポートにも力をいれております。
大型プリンターといえば㈱コワタグラフィックス !